和歌山市、さのデンタルクリニック インプラントセンター和歌山の矯正歯科

HOME > 診療案内 > 矯正歯科

矯正歯科

矯正担当医 菊池一晃(日本矯正歯科学会認定医)
矯正担当医 菊池一晃
(日本矯正歯科学会認定医)

『矯正歯科』は、矯正装置を使用することにより不正咬合を治療し、美しい歯並びへと改善する治療です。不正咬合とは、一般的に出っ歯、受け口、八重歯、すきっ歯などといわれる外見や噛み合わせの悪い歯並びのことをいいます。

矯正治療を行なえば美しい歯並びへと改善されますが、治療の目的はそれだけではありません。歯並びが整うことで歯磨きしやすくなって、虫歯や歯周病の予防効果があがったり、食べ物の咀しゃく(噛むこと)がしっかりとできるため、消化や吸収を助けたりします。また、頭痛、肩こり、腰痛などが改善されるといわれ、体の内側から健康な生活を送れるようになります。成長期のお子様が矯正治療を行なえば、顎の骨が適切な位置へと誘導されます。

当クリニックでは、「日本矯正歯科学会認定医」の担当医による矯正治療を行なっております。

成人矯正

大人になってから矯正治療をご検討される方は、お子様のころから不正咬合を気にされ、審美的な改善を目的とされる方がほとんどです。口元のコンプレックスを解消し、他人の目を気にせず大きな口を開けて笑えるようになりたいという方には、矯正治療はおすすめです。

矯正治療というと、お子様が行なう治療というイメージがある方もいるかもしれません。実際、乳歯(子どもの歯)から永久歯(大人の歯)に生え変わる時期に矯正治療行なうと、顎の骨を適切な位置へと誘導できるため、治療を始めるのによいとされています。同様の治療を大人になってから行なうと、外科的矯正治療が必要になる場合もあります。

しかし、矯正治療はお子様のためだけのものとは限りません。大人になってからでも十分に治療効果を得られます。

成人矯正のメリット・デメリット

○ メリット

  • お子様とは異なり、口腔ケアなどの自己管理ができ、治療をきちんと続けられる
  • お子様に比べて歯の移動速度が遅く、成長もしないため、治療計画を立てやすい

× デメリット

  • 顎の骨を適切な位置へと改善する場合、外科的矯正治療が必要になることがある
  • 症状によっては治療期間が長引くため、その分費用がかさむ

小児矯正

お子様の場合、きれいな歯並びや正しい噛み合わせになるよう早い時期から成長を見守り、気になることがあればすぐに歯科医師に相談することが大切です。

大人になってから矯正治療を行なうより、顎が成長段階にある子どものうちに矯正治療を始める方が顎の成長をうまく誘導でき、永久歯が生えるときに正しい噛み合わせにできる可能性が高くなります。また、治療費を抑えることが可能になります。

しかし悪い歯並びや口に関するクセを放置しておくと、顎の適切な成長が妨げられ、顔に歪みが出るなど、顔の形に影響を及ぼすことがあります。 お子様の歯並びや口に関するクセが気になったらぜひ一度検診を受け、歯科医師からアドバイスをもらってください。

小児矯正のメリット・デメリット

 ○ メリット

  • きれいに仕上がる
  • 非抜歯で治療できる可能性が高い
  • 悪い方向に生えてくる歯を減少させられる
  • バランスのとれた噛み合わせになる

 × デメリット

  • 装置があるため磨き残しができ、虫歯になりやすくなる
  • お子様自身でつける装置が多いので、装着時間などによって治療結果に差が出る
  • 顎の骨の成長が終わる15歳ごろまで治療期間を要する
  • 治療中、歯並びが一時的に悪くなる場合がある