和歌山市、さのデンタルクリニック インプラントセンター和歌山のインプラント

HOME > 診療案内 > インプラント治療

当院のインプラント治療について

インプラント治療はちょっと見ただけでは見分けがつきません。当然、普段の生活で他人に気付かれることもまずありません。

このようにインプラント治療には、高いレベルの外科手技はもちろんですが、審美性獲得のためにどのような処置を行ない、どのような結果が得られるかという予知性が極めて重要になります。治療から何年か経過した後も、変わらぬ審美性が維持できるかどうかは、手術前に必要な処置をどれだけ適切に実施できたかで決まります。後から処置をしたとしても、決して同じ結果が得られるものではありません。 ?

つまり、患者様に対して本当に責任ある治療行為を行なえる、あるいは行なう資格のある歯科医師とは、しっかりした技術と経験を有し、実際にそういった手術を行なって良好な状態で管理できる医師に限られるのです。 ?

私は、患者様へのカウンセリング、事前のご説明を非常に重要視しています。もちろん、手術後は患者様にも定期的なメンテナンスのため、年数回の通院をお約束していただきます。

そして、「手術をお引き受けした以上は、術後の管理までしっかり責任を持ち、良好な状態を維持する。」 ?

私にとってのインプラント治療とは、歯科医師としての経験・技術・良心の集約に他ならないのです。

インプラント治療とは

虫歯や歯周病、けがや事故など何らかの理由で永久歯を失ってしまうと、残念ながら二度と新しい歯は生えてきません。

従来、歯を失った箇所は、入れ歯やブリッジなどを使用して補う方法が一般的でした。しかし入れ歯は「異物感がある」「固いものがうまく噛めない」「合わなくなってくる」ブリッジは「健康な歯を削らなければならない」などのデメリットがありました。

そこで、入れ歯やブリッジに代わるまったく新しい治療法が確立されました。それが『インプラント治療』です。

インプラント治療とは、歯を失った箇所の歯槽骨(顎の骨の一部で歯を支えている骨)に穴を開けて『インプラント』(別名『インプラント体』、『フィクスチャー』)という『人工歯根』を埋入し、その上に『人工歯』(別名『上部構造』)を装着して自分の歯のような機能を取り戻す治療法です。

歯槽骨に埋め込むインプラントは『チタン』という金属でできています。チタンは金属アレルギーを起こしにくく、身体への有害性がほとんどありません。生体親和性(身体になじみやすい性質)に優れているため、身体に異物と認識されず、新しい骨がチタンの周囲に付着していきます。そして、チタン表面の細部に至るまで骨が入り込み、インプラントが組み込まれた状態になり、骨と強く結合して一体化します。

つまり、入れ歯のような不安定感がなく、自分の歯と同じように力を入れてしっかりと咀しゃく(噛むこと)でき、自然な噛み心地を実感できるのです。また、人工歯は『セラミック』(陶材)という白い素材でできているため、外見も天然歯(自分の歯)のようにとても自然です。

以上のことから、歯本来の機能である咀しゃく力としっかりとした噛み心地を取り戻すことができ、しかも外見まで自然に仕上がるインプラント治療は、ひじょうに画期的な治療法といえます。近年では広く認知され、インプラント治療を行なう歯科医院や治療を受けられる方が増え続けています。

インプラント埋入手術

●『2回法』と『1回法』

インプラント手術には『2回法』と『1回法』とがあります。 2回法では歯肉の切開を2回行ない、2次手術でアバットメント(インプラントと人工歯の連結部分)を装着します。1回法では歯肉の切開は1回のみで、その際に『アバットメント』を装着します。

●2回法の特徴

  • 歯肉の切開を2回行なうため、患者様への負担が大きい。
  • ほとんどの症例に適用できる。
  • 治癒期間を設ける際歯肉を縫合するため、感染の可能性が低い。

●1回法の特徴

  • 歯肉の切開が1回だけなので、患者様への負担が小さい。
  • 歯槽骨の量が十分足りている必要がある。
  • 骨移植や骨再生を併用する場合、感染の可能性が高い。

以上が2回法と1回法それぞれの特徴ですが、インプラント治療開始された当初は、感染の可能性が低い2回法が主流でした。しかし近年、インプラントの安全性を追求する研究が重ねられ、1回法でも適切な処置を行なえば、感染の可能性は2回法と同程度と低いことがわかりました。
当クリニックでは、患者様の失われた歯の本数、残った歯の状態、骨の硬さ・大きさ・位置、噛み合わせなどから診断し、より適合する方法を選択します。

2回法の流れ(歯肉の切開が2回)/ 1回法の流れ(歯肉の切開が1回)

  1. STEP 1 精密検査、診断、治療計画

    ?最初にレントゲンや歯科用CTなどを使用し、精密検査を行ないます。口腔環境や骨質・骨格などをあらゆる角度から確認し、その診断結果に基づいて治療計画を立案します。
    次に、手術の方法・流れ、治療期間・費用などについてのカウンセリングや相談を行ない、患者様に同意いただいたうえで治療を開始します。
    骨量が少ない方の場合、『骨造成手術』(骨量を増やして骨の高さや厚みを出し、インプラントの埋入を可能にする手術)などの説明・相談も行ないます。

  2. STEP 2 1次手術(インプラント埋入手術)

    歯肉を切開し、ドリルを使用して歯槽骨に埋め込むインプラントと同じ長さ・太さの穴を開けます。

    インプラントを埋め込みし、『カバースクリュー』(歯槽骨とインプラントの結合を待つ間、インプラント上部の穴に骨や歯肉が入り込まないようにするためのねじ)を装着します。
    歯肉でカバースクリューを覆うように縫合し、1次手術が終了します。

    STEP 2 インプラント埋入手術

    歯肉を切開し、顎の骨に埋め込むインプラントと同じ長さ・太さの穴をドリルで開けます。

    インプラントを埋め込み、上部を骨の外に出しておきます。
    インプラントにアバットメントを連結し、上部が歯肉の上に出ている状態にして、手術が終了します。

  3. STEP 3 治癒期間

    埋入したインプラントと歯槽骨が結合するまで、約3~6ヵ月の治癒期間を設けます。
    期間は骨の状態や治療箇所によって異なります。
    この期間、仮歯を使用できることもあります。

  4. STEP 4 2次手術(アバットメント連結手術)

    歯肉を切開してカバースクリューを外し、インプラントの上の不要な骨を削ってアバットメントを連結します。
    アバットメントの上部が歯肉の上に出ている状態にして、2次手術が終了します。

  5. STEP 5 人工歯装着

    ?噛み合わせを確認しながら人工歯を装着します。

  6. STEP 6 メインテナンス

    インプラント治療後に歯周病になってしまうと、最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。
    そのような事態を避けるためにも、日ごろから適切な歯磨きを行ない、口腔衛生を保つよう努めましょう。また、半年に一度は定期検診を受け、骨の状態や噛み合わせなどを確認してもらうことも大切です。

他の治療との違い

歯本来の機能である咀しゃく力としっかりとした噛み心地を取り戻すことができ、しかも外見まで自然に仕上がるインプラント治療が、従来の入れ歯やブリッジに比べて優れた治療法であることは【インプラント治療とは】でも述べたとおりです。 しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。治療を検討している場合は、両者をしっかりと理解し、納得したうえで治療を受けることが大切です。

以下で、インプラント治療のメリット・デメリットを、入れ歯・ブリッジのそれと比較してみます。

インプラント

インプラント

●治療内容

歯を失った箇所の歯槽骨に穴を開けてインプラントを埋入し、 その上に人工歯を装着して自分の歯のような機能を取り戻す。

●治療費

  • 保険適用外の自由診療なので、高額になる
  • 手術の難易度や埋入本数などにより必要な費用が加算される

○ メリット

  • 歯槽骨とインプラントがしっかりと結合するので、違和感なく咀しゃくできる
  • 咀しゃく力を取り戻せるので、固いものを噛めるようになる
  • しっかりと噛めるようになり、全身の健康に良い影響を与える
  • 健康な歯を削る必要がなく、外見が天然歯のようにとても自然に見える

× デメリット

  • インプラントを歯槽骨に埋入する外科手術が必要となる
  • 糖尿病などの全身疾患があると適用できない場合がある
  • インプラント維持のために口腔衛生管理に留意し、定期検診を受ける必要がある

入れ歯

入れ歯

●治療内容

歯を失った箇所の型をとり、それに合わせて人工の歯と歯肉の色の床(しょう)を作り、クラスプ(金属のばね)を残存歯に掛けて固定する。

●治療費

  • 保険適用の材料を使用すれば、保険診療となる
  • 保険適用外材料を使用すれば自由診療となり、高額になる場合がある

○ メリット

  • ブリッジが適用できないほど欠損歯が多くても適用できる
  • 健康な歯を削る必要がない

× デメリット

  • クラスプを掛ける歯への負担が大きく、健康な状態に比べて咀しゃく力が衰えやすくなる
  • 不安定感がありガタつきやすく、メインテナンスをする必要がある
  • 口の中に違和感がある
  • 食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすくなる

ブリッジ

ブリッジ

●治療内容

失った歯の両隣の歯を削り、そこに橋を架けるように人工歯をつくる(基本的に3本で1セット) 。

●治療費

  • 保険適用の材料を使用すれば、保険診療となる
  • 保険適用外材料を使用すれば自由診療となり、高額になる場合がある

○ メリット

  • 固定式なので、装着しても違和感が少ない
  • 人工歯の素材によっては天然歯に近づけることができ、審美的な修復が可能

× デメリット

  • ブリッジを支えて固定するため、健康でも両隣の歯を削る必要がある
  • 支えになる歯への負担が大きく、将来的にその歯を失う原因となる場合がある
  • ポンティック(欠損箇所に位置する部分)の下部と歯肉の間に食べ物がつまり、口の中が不衛生になりやすくなる
  • 空気がもれて発音が困難になる場合がある