和歌山市、さのデンタルクリニック インプラントセンター和歌山の一般歯科

HOME > 診療案内 > 一般歯科

虫歯治療

●虫歯とは

虫歯とは、口の中の虫歯菌が食べかすを取り込んで酸を作りだし、その酸によって歯のエナメル質(歯の表面)が溶かされてしまう病気です。
歯が溶かされることを『脱灰』(だっかい)といいますが、脱灰した部分が修復される『再石灰化』(さいせっかいか)という作用によって元の状態に戻ります。通常、脱灰と再石灰化はバランスよく行なわれますが、糖を頻繁に摂取するなど、虫歯菌が酸を作りだしやすい環境にあったりすると、再石灰化が追いつかず脱灰が進行し、虫歯が悪化してしまいます。

●虫歯の進行度と治療法

虫歯の進行度は、虫歯という意味の英語『Caries』(カリエス)の『C』を用い、『CO』~『C4』の5段階で表します。

  1. CO ─初期症状─

    CO

    ○症状:エナメル質が一時的に溶けているだけで、外見上の変化はほとんどない。
    ○治療法:再石灰化で修復されるので、とくに治療の必要はない。

  2. C1 ─中期症状─

    C1

    ○症状:エナメル質内に達している、痛みはない。
    ○治療法:レジン(樹脂)で補う。

  3. C2 ─後期症状(前半)─

    C2

    ○症状:『象牙質』(歯の主要部)まで達しており、冷たいものがしみる。
    ○治療法:患部が小さければインレー(詰め物)で、大きければクラウン(被せ物)で補う。

  4. C3 ─後期症状(後半)─

    C3

    ○症状:歯髄(神経や血管の束)まで達しており、炎症と激痛のある『歯髄炎』の状態。
    ○治療法:根管治療(歯根内の歯髄を除去する治療)を行なう。

  5. C4 ─末期症状─

    C4

    ○症状:歯根だけが残っているが、神経が死んでしまっているため、痛みは感じない。
    ○治療法:入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの治療を行なう。

※治療法は一例であり、実際の方法とは異なる場合があります。

虫歯は進行するほど治療期間と治療費がかかり、患者様の負担になります。
早期発見・治療ができればそれほど負担にはならないので、「いつもと違う」と思ったらすぐに受診しましょう。

歯周病治療

●歯周病とは

『歯肉』(歯茎)、『歯槽骨』(歯を支える骨)、『歯根膜』(歯と歯槽骨をつなぐ線維)、『セメント質』(歯の根の表面を覆う組織)をまとめて『歯周組織』といい、私たちの歯はこれらに支えられています。
しかし、歯周組織が歯周病菌に感染すると歯肉の腫れや出血が起こり、放置しておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。これを『歯周病』といいます。

歯周病になると、ごく初期の段階では自覚症状はありませんが、やがて歯磨きのときの出血や歯肉の違和感を自覚するようになります。さらに進行すると歯がグラグラしてきますが、この段階になると手遅れです。

日本人が歯を失う最大の原因は歯周病であり、成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています。近年の研究により、歯周病が全身の健康に影響を及ぼすことが実証されていますが、これらのことから、歯周病がいかに深刻な病気であるかおわかりいただけるのではないでしょうか。

●歯周病予防

歯周病になり、歯槽骨が溶けるほど症状が悪化すると、歯を失ってしまう可能性が高くなります。そのような事態を避けるためには、歯周病にならないように予防することが大変重要です。 以下の予防法は日常的に取り組めることなので、積極的に行なって歯周病予防に努めましょう。

  • 歯磨きによるプラークコントロールで、細菌の塊である歯垢(プラーク)の増殖を抑える
  • よく噛んで食べることによって唾液が分泌されるため、それにより細菌を洗い流す
  • 歯垢は糖分をえさに増殖するので、糖分摂取過多にならないようバランスのよい食事をする
  • 睡眠不足になると体の抵抗力が落ちて歯周病菌に感染しやすくなるので、十分な睡眠をとる

小児歯科

●小児歯科とは

お子様は、日々の発育にともない歯や顎も発育しているので、変化することを前提に大人とは異なる治療を行なう必要があります。
お子様の歯や顎の特徴を踏まえて虫歯治療・予防などを行ない、将来起こり得る問題を未然に防ぐことを視野に入れ、口腔内の健康をいつまでも保てるようサポートしています。

●お子様の虫歯の原因

乳歯(子どもの歯)が生え始めるのは生後5~6ヵ月頃で、3歳頃に生え揃います。
乳歯は永久歯(大人の歯)よりも虫歯になりやすいとされています。

  • エナメル質や象牙質の厚さが永久歯の半分ほどで、エナメル質も軟らかく、酸に溶かされやすい
  • 再石灰化の力が弱い
  • 溝が多く深いため、食べかすが溜まりやすく、細菌が繁殖しやすい

乳歯にはこのような特徴があるため、ひとりで上手に歯磨きができないお子様であれば、磨き残しが出てしまいます。ご両親が丁寧に歯磨きしてあげましょう。お子様が自分で歯磨きを行なえるようになっても、必ず仕上げ磨きを行ない、磨き残しがないかしっかり確認してあげてください。

●乳歯の虫歯による永久歯への悪影響

「生え変わるから放っておいても大丈夫」と、お子様の歯の異常をそのままにしている方はいませんか?
乳歯に異常がある場合、すぐに治療を行なわないと、後から生えてくる永久歯に悪影響を及ぼします。

  • 乳歯は永久歯が正しく生える指標となっているため、乳歯を失ってしまうと永久歯は正しい位置に生えてくることができず、歯並びが悪くなる
  • 乳歯の虫歯が歯根の先に膿が溜まるまで乳進行すると、乳歯の下の永久歯のエナメル質を溶かし、歯質の弱い永久歯が生えてくる

たとえお子様の歯に異常がなくても当クリニックにお越しいただき、検査を受けられることをおすすめします。
将来問題を引き起こす要因が発見できた場合、早い段階で治療を開始することができます。